蓄膿症が原因の頭痛や肩こり嫌な匂い|完全無農薬・有機栽培の緑茶で改善

蓄膿症による鼻炎は、肩こりや頭痛の原因になります。

 

耳鼻科では慢性の副鼻腔炎と診断されることが多いようです。

原因としては、
鼻の中の副鼻腔に鼻水がたまり頭痛や眼の奥の痛み肩こりの原因になります。

蓄膿症

耳鼻咽喉科の病院では、レントゲン検査をして鼻の中に鼻水がたまっていると抗生物質でその鼻水を取り除きます。

軽い場合は10日ほど、重症になると20日から1ヶ月位、抗生物質を服用しなければならず体の負担が大きくなります。
薬

一時的に、抗生物質で良くなっても鼻炎を繰り返す方が多く、そのたびに薬を服用することになります。

薬はなるべく飲みたくありません。

そこで、今話題になっているのが有機農法で作られた緑茶です。

 

それは、緑茶に入っている成分のカテキン(ポリフェノールの一種)サポニン、テアニン、ビタミンなどの成分が鼻の通りを改善してくます。

緑茶がいいと言っても急須で入れたお茶の中には、この成分が30%しかなく後の70%捨てられているのです。

 

緑茶の中でも、農薬を使わず有機農法で栽培しているお茶が安心です。
でも、日本国内の緑茶のうち、有機栽培のお茶は2%しかないのです。

 

薬に頼らず、安心・安全・本物の有機栽培の緑茶を試してみてはいかがですか?


  蓄膿症と副鼻腔炎の関係

蓄膿症は副鼻腔炎とも呼ばれるもので、大別すると急性と慢性の症状に分かれます。急性の場合には風邪やインフルエンザによって蓄膿症の症状が出てくる事があり、これを繰り返す事によって慢性的な症状となっていきます。
鼻炎の主婦
 蓄膿症を悪化させると、鼻の奥の痛みだけでなく頭痛や肩こりとなって症状が現れます。特に頭痛は原因が蓄膿症によるため、一般的な頭痛薬を飲んでも症状が改善されないという問題があります。

俯いた時に痛みが出る事もあるので、主婦のように下を向く仕草の多い環境だと蓄膿症は辛く感じるかもしれません。
蓄膿症による症状は直接的な痛みだけでなく、色々な部分に現れてきます。

風邪をひいた時に、真っ先に鼻をやられるという方は蓄膿症にかかりやすいのかもしれません。何度も鼻風邪を繰り返していると、それが積み重なって慢性的な蓄膿症となってしまいます。

 

蓄膿症の治療は根気を要するものなので、普段から予防することが大切です。


急性の蓄膿症は本当に辛い肩こりや頭痛の原因に

花粉症や慢性鼻炎のため、蓄膿症にはよくなるのですが、慢性蓄膿症は年中なってる感じなので鼻の奥に膿が溜まっていて時には臭いも出てきます

問題なのは風邪を引いた時になりやすい急性蓄膿症のほうです。急性の場合、おそらく慢性よりも炎症の度合いが酷いため、膿が溜まるのと同時に激しい頭痛や眼の奥の痛みが起こる場合が多いんです。

 

この頭痛が本当に厄介で、とにかくガンガンと夜も全く眠れないほどの痛みが四六時中続きます。これを治すには副鼻腔内の炎症を抑えるしかないのですが、クスリを飲んだらすぐ治るとゆうものでもないため、急性になったら鼻水や膿よりも頭痛に注意しないといけません。

 

かなり強い痛み止めを飲んで私は頭痛をなんとか抑えてましたが、薬が切れるとせっかく薬の効き目で寝れてても目が覚めてしまうほどの頭痛がまた起こり始めます。

こんなつらい症状を繰り返したくはありません。



蓄膿症の原因と対処

 

蓄膿症とは別名副鼻腔炎とも呼ばれ、顔の下にある空洞に膿(うみ)が溜まることを指します。
正確には慢性的な副鼻腔炎を蓄膿症と呼ぶそうです。
私は蓄膿症ではないのですが副鼻腔炎に近い症状があるので調べたことをここにまとめたいと思います。

蓄膿症の原因としていくつか挙げたいと思います。

 

1 風邪、インフルエンザ

風邪やインフルエンザのときには下を向くだけで鼻水がダラダラと垂れてくるような経験があると思います。
その理由は風邪の菌を体外に排出するためであるのですが、その菌が体外に排出されず副鼻腔に入り炎症を起こすことで蓄膿症になってしまいます。
黄色っぽい鼻水が出ているときにはすでに急性副鼻腔炎になっている可能性があるそうです。
軽い症状の場合には自然に治ってしまうこともあるそうですが、気付かないうちに膿が溜まり蓄膿症になっているかもしれません。
鼻水が中々引かないときには、なるべく早く耳鼻科で見てもらった方がいいでしょう。

 

2 鼻の骨の歪み

事故によるものや成長過程で鼻の骨が曲がってしまうことがあり、それを鼻中隔湾曲症と言うのですが、鼻の真ん中にある軟骨部分が歪んでいると蓄膿症になりやすくなるそうです。
鼻の穴と副鼻腔はとても細い通路で繋がっているので、歪んでいると詰まりやすくなってしまうのです。
見た目にはあまりわからないことも多いそうですが、ひどい場合手術をしなければならないこともあるようです。

 

3 アレルギー性鼻炎、花粉症

いわゆるアレルギー物質(ハウスダスト、花粉)により鼻水が止まらなくなり、それらが副鼻腔に溜まってしまうことで蓄膿症になるケースもあるそうです。
前述した風邪とは違い気付かないうちに慢性化してしまうこともあるそうなので注意が必要です。
なるべくアレルギーとの接触は避けるべきですが中々難しいので、まずは体質改善をすることが大事です。
簡単にできる体質改善策としては和食に変えるというものもあるそうです。

 

4 虫歯

鼻の症状なのになぜ歯から?と私も思いましたが歯の根っこや歯茎から細菌が入り込み副鼻腔に入ってしまうことがあるそうです。
普段の歯磨き習慣にデンタルフロスも追加することでかなりの効果が期待できるそうです。

 

5 遺伝

蓄膿症が遺伝するというのではなく、鼻の形の遺伝子が影響して蓄膿症になる可能性があるというものですね。
よく「お母さんと目の形が似てるね」なんて言いますよね。あれです。
遺伝的な鼻の構造上蓄膿症になってしまう可能性があると先に知っているなら早めの予防、対策が必要ですね。

 

6 鼻のかみすぎ、かむ勢い

前述の通り副鼻腔に菌が入ることで蓄膿症になってしまうわけですが、何回も鼻をかんで鼻水をなくせばいいとか、勢いよく出せば副鼻腔に入らないとかそんなことはありません。
逆に勢いよく鼻水を出そうとすると副鼻腔に鼻水が入ってしまうんだそうです。
何回も何回も出てくる鼻水にイライラする気持ちはわかりますが、優しく鼻をかむことで避けられる原因ですので気を付けましょう。

 

誰でもなる可能性のある蓄膿症。
皆さんもご自分の心当たりのある原因が見つかりましたら出来るだけその原因をなくして蓄膿症にならないようにしたいですね。

風邪・花粉・カビなどの原因

 

鼻の入り口の鼻腔が炎症しその症状が長引くと、

鼻の奥の副鼻腔に炎症が起こります。

 

さらに、副鼻腔の炎症が長引くと炎症部分に膿(うみ)が発生します。この状態が3カ月以上続くと慢性副鼻腔炎、いわゆるちくのう症(蓄膿症)と呼ばれます。

 

溜まった鼻水、膿や細菌などが副鼻腔の粘膜を傷つけ炎症を起こし、それが原因で病原体も増えてさらに炎症が治りにくくなるというように悪循環に陥ります。

症状が花粉症に似ているため、花粉症じゃないかと思い込んだまま病院にいかない人も多いです。

 

○蓄膿症の症状

 

・鼻づまりによって息苦しくなる

・鼻をかんでも鼻水が出てくる

・ドロっとした色がついた鼻水が出る

・両頬や目の周囲などが痛む

・鼻づまりで嗅覚が鈍り、ニオイを感じにくくなる

・鼻の奥から変なニオイがする

・頭が痛くなる

 

等の症状がある人は、一度病院に行って診てもらいましょう。

ずっと放置しておくと悪化して、中耳炎や目の痛み、髄膜炎などの病気にも掛かりやすくなってしまいます。

 

○蓄膿症になる原因と予防法

 

風邪や花粉・アレルギーが主です。まれにハウスダストも影響します。

 

鼻の形も影響し、鼻の真ん中を通っていて左右を分ける仕切りのような鼻中隔。この部位が極端に曲がってしまうと片方の鼻の通りが悪くなり、副鼻腔が炎症を起こしやすくなってしまいます。

 

これら以外にも、虫歯や栄養の偏った食生活、ストレス、顔に負った怪我が原因となることもあります。

 

予防としては、風邪を引かないことが一番です。

風邪を引いてしまった場合は、しっかりと治すことが大切です。

鼻の内部に侵入した雑菌や花粉を洗い流す「鼻うがい」も、蓄膿症予防に有効です。

 

○蓄膿症の治し方

 

軽度の場合は、鼻汁の吸引や上顎洞洗浄、ネブライザーで抗生物質などの薬を鼻に噴霧する局所治療、薬を内服する薬物療法などの保存的治療を行います。

 

年間約30万人が発症する慢性副鼻腔炎のうち、90%の人は「保存療法」(鼻腔内の洗浄)と「薬物療法」で治ります。

 

鼻茸を伴うような重症の場合や、投薬治療を続けても改善しない場合は、手術が必要になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ